So-net無料ブログ作成


軽量キャディバッグ >> | 軽量スーツケース >> | 高級ワイン >>

ダルビッシュ 滑るボール対策は投球フォームの変化①【ダルビッシュ MLB】 [ダルビッシュ 滑るボールの話し]




先日3月25日、紅白戦で登板したダルビッシュは
メジャーリーグ公式球の「滑るボール」対応への手応えをつかんだ。

ball.png

この日の投球内容を分析すると、「滑るボールの克服」度合いが見えてくる。

ダルビッシュは、レンジャーズのマイナー選手相手
(3A、2A、1A、それぞれ3人づつ)の紅白戦に5回を投げたが、
6安打、2四球、11奪三振、4失点の結果だった。

投じた球数は、86球。

ストライクカウントが、59球だった(約7割)。

投球していた姿を見るかぎり、
ボールの滑りに苦労している様子はなかった。

ただ、イニングごとの球数にバラツキがあったのは、
もう少し、微調整が必要ということだろう。

ダルビッシュ自身、
「今は自分の調整の時期。ちょっとずつ良くなってきていますし、
ちょっとずつ調子も上がってきている」と。

そこで、ダルビッシュの投球フォームの変化に注目したい。

日本にいる時のダルビッシュの投球フォームは、
左足をホームプレート方向へ”スーッ”と伸ばしていき、
低い重心で投げていた。


しかし、メジャーリーグのキャンプインからの投球フォームを見ると


ご覧のとおり、左足を早めに"ポン"と着地させている。

当然、一足ほど「歩幅」が狭くなり重心が高くなり、
「リリースポイント」も若干後ろへ下がっている。

日本では、リリースポイントはできるだけ前へ持っていくことが基本とされている。

しかし、実際のメジャーリーグでは他のピッチャーを見ても分かる通り
腰高で、ホームプレート方向の足を
"ポン"と着地している選手が多いことに気づくだろう。

こちらは、Rockets(ロケット)の愛称で有名な
メジャーリーグNo.1ピッチャー、ロジャー・クレメンズの投球フォーム。


ダルビッシュは現在、メジャーリーグの公式球を扱うために、
新しい投球フォームを身につけるべく、挑戦中なのである。

これは、ダルビッシュの日本での実績の高さを考えると、
かなり勇気のいる行為だ。

がんばれ!ダルビッシュ!

ダルビッシュ 滑るボール対策は投球フォームの変化①【ダルビッシュ MLB】

ダルビッシュ 登板予定 2012~メジャーリーグの道



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Get the best item !




MLB グッズ 楽天オークション >>